· 

5月22日にオンライン読書会やります!

【オンライン読書会のご案内】

 

 

 

■今回の本

 

 

 

太宰治 『走れメロス』

 

 

 

青空文庫で無料で読むことができます。

 

こちらです≫≫

 

 

 

■日時

 

 

 

2019年5月22日(水)  21時から22時ころまで

 

 

 

 

 

■参加費  無料

 

 

 

誰でもお気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 

■ZOOMアプリについて

 

 

 

下記のURLをクリックすると、

 

自動的にZOOMアプリがダウンロードできます。

 

無料です。

 

 

 

https://zoom.us/support/download

 

 

 

 

 

※iPhoneの場合は、

 

AppStoreでZOOMアプリをダウンロードしてください。

 

こちらも無料です。

 

 

 

5月22日の20時30分ころから、

 

ZOOMのミーティングルームを開設しておきますので、

 

 

 

下記のIDを打ち込んで、

 

ミーティングルームへお入りください。

 

 

 

私のZOOMの

 

ミーティングIDは

 

 

 

  ⇒  538-238-9102

 

 

 

 

 

ZOOMアプリを立ち上げて、

 

上記のIDを打ち込めば、

 

 

 

つながりますので、

 

よろしくです。

 

 

スポンサード リンク

■楽しく読書するための7つのポイント!

 

 

小説は、まず、楽しく読むことです。

 

娯楽も小説の大切な要素ですので、

楽しんで読めなかったら、

それは、あまりいい小説とは言えません。

 

 

もちろん、読み手に読解力がないせいで、

楽しく読めなかったということもあります。

 

では、どうすれば楽しく読めるのか、

7つのポイントをお話ししましょう。

 

 

◇ポイント1/ドキドキワクワクするところを見つける。

 

その物語のなかで、ドキドキワクワクするのは、どこかを探ります。

 

多くは葛藤がドキドキワクワクさせます。

 

主人公や脇役たちに、

どんな葛藤があるかを見つけてみてください。

 

 

 

◇ポイント2/物語の謎を見つける。

 

「この先、どうなるんだろう?」とか、

 

「この人たちはどういう関係なんだろう?」とか、

 

「この人の過去にいったい何があったんだろう?」とか、

 

いろんな謎が物語にあると思います。

 

どういう謎が、読者を引きつけているのかを考えてみましょう。

 

 

◇ポイント3/作者の人間性を調べる。

 

作者がどういう人間だったのかを知ると、

その小説を深く味わうことができます。

 

 

ウィッキペディアを検索すれば、

かなり詳しい情報を手に入れることができます。

 

 

◇ポイント4/その作品が書かれた時代背景を調べる。

 

その時代が抱えている課題があります。

 

労働者が虐げられているプロレタリアートだったり、

戦争の問題だったり、

どの時代にも問題はあるものです。

 

その課題に対して、

その作品が何らかの回答になっていることがあります。

 

 

◇ポイント5/「もしも」を考えてみる。

 

いろんなもしもを考えてみると、

おもしろく読むことができます。

 

走れメロスの場合、

 

「もしも、メロスが80過ぎの老人だったらどうだろう?」とか、

 

「もしも、メロスが刻限までに帰ってこなかったら?」とか、

 

「もしも、王さまが2人を死刑にしたら?」とか、

 

いろんな「もしも」を考えると、

自分なりの物語が想像できて、

おもしろくなります。

 

 

 

◇ポイント6/いろいろなことに疑問を持ってみる。

 

いろんなことに疑問を持ってみましょう。

 

たとえば、

「なぜ、こんなタイトルになったのだろう? このタイトルにはどんな意味があるのだろう?」とか

 

走れメロスは、ドイツの詩人シラーの詩をもとに書かれています。

古代ギリシャのピタゴラス派の団結の固さを示す物語です。

 

「なぜ、古代ギリシャを舞台にしたんだろう?」

 

 

そんなふうに、いろいろと疑問を持ち、

その疑問を推理して考えてみるとおもしろく読むことができます。

 

 

 

◇ポイント7/自分の身に置き換えてみる。

 

自分の人生や日常生活で、似たようなエピソードがないか、考えてみるのです。

 

真逆なエピソードでもかまいません。

 

そうするとことで、この物語が身につまされる話になります。

 

そこから多くのことを学びますし、気づきもあるはず。

 

そうした学びと気づきをもたらすことで、

読書が10倍楽しくなります。

 

 

もしかしたら、人生を大きく変えてくれるかもしれません。