· 

小説の手法としての「意識の流れ」について

小説の手法としての「意識の流れ」について

 

もともと「意識の流れ」というのは心理学用語だった。

 

アメリカの心理学者のウィリアム・ジェイムズが

1890年代に最初に用いた心理学の概念で、

「人間の意識は静的な部分の配列によって成り立つものではなく、

動的なイメージや観念が流れるように連なったものである」

とする考え方のことである。

 

 

 

この概念が文学者たちによって、小説の手法として使われるようになった。

 

 

■「意識の流れ」を活用した文学者たち!

 

「意識の流れ」を文学者らが、どのように活用したのか?

ウィッキペディアから、その説明を引用する。

 

この「意識の流れ」の概念は、その後文学の世界に転用され、

「人間の精神の中に絶え間なく移ろっていく主観的な思考や感覚を、

特に注釈を付けることなく記述していく文学上の手法」

という文学上の表現の一手法を示す言葉として使用されて文学用語になった。

 

この手法を小説の全編にわたって最初に使ったのは、

ドロシー・リチャードソン の『尖った屋根』(1915年)とされているが、

 

それより先のジェイムズ・ジョイスの『若き日の芸術家の肖像』(1914-1915年)にも

部分的に用いられている。

 

また、この表現方法でよく使われる文体の

「内的独白」(interior monologue)と呼ばれる手法は、

エドゥアール・デュジャルダンが初めて用いたとされ、

 

「意識の流れ」の起源を特定の1人の作家とは限定しにくく、

哲学や文学の「時代精神」的な流れで発生している。

 

 

人間の思考を秩序立てたものではなく、

絶え間ない流れとして描こうとする試みは、

「意識の流れ」という語の成立以前からあり、

 

最も早い例としてはローレンス・スターン

『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』などがあるが、

 

特に近現代の意識の流れを用いた小説には心理学の発達、

殊にジークムント・フロイトの影響が見逃せない。

 

 

「意識の流れ」を用いた代表的な作品としては、

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』『フィネガンズ・ウェイク』、

ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』、

フォークナーの『響きと怒り』などがある。

 

キャサリン・マンスフィールド、ドロシー・リチャードソンなどの作家も、

「意識の流れ」を用いた作家として挙げられる。

 

 

日本の作家では川端康成が、『針と硝子と霧』(1930年)、『水晶幻想』(1931年)

において「意識の流れ」を実験的に用いており、

 

横光利一の『機械』(1931年)にもこの手法の影響が散見できる。

 

 

スポンサード リンク

■「意識の流れ」を具体的にどう書けばいいのか?

 

ヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ婦人』の一節をここに紹介しよう。

 

ダロウェイ夫人は首を少し傾げたまま、なんとかアンブローズという名前から、

記憶をたどろうとしていた。

名字だったかしら?

が、結局、何も思い出せなかった。

 

彼女は、ある話を聞いていたので、落ち着かない気分であった。

 

学者は誰とでも結婚するということだ。

 

田舎の読書会で知り合った娘だろうと、すねたような顔で

「どうせうちの亭主に用があるんでしょうよ、このあたしじゃなくてね」

などというセリフを吐く、ちょっと品のない女性だろうと。

 

だが、ちょうどそのときがやって来たヘレンを見て、

ダロウェイ夫人は、ほっとした。

 

たしかに、やや奇抜な恰好をしているが、不潔という感じではなく、

作法も心得ているようであり、

 

 

夫人が淑女の条件に数えている声の抑制もちゃんと利いていたからである。

 

 

■内的な変化を実況中継する!

これが「意識の流れ」という手法だが、何が何だかわからないかもしれない。

 

これを万人にわかりやすく説明できる創作教室の先生はほとんどいない。

ベストセラー作家でも、なかなかうまく教えることはできないだろう。

 

私は、文章スクールで、これを「実況中継」と言っている。

 

主人公の「思考」、「感情」、「感覚」、「記憶」、「空想」などを、

時間の流れとともに、克明に実況中継することなのだ。

 

もちろん、実況中継のなかには、見えるものや、聞こえるもの、肌感覚など、

五感で受け取る情報や出来事なども含まれる。

 

人間というものは、さまざまな縁に触れて、一瞬一瞬、心が目まぐるしく変化する。

 

桜の花を見ていて、ふと、昔のことを思い出すこともあるだろうし、

急に、嫌な気持ちになることもあるし、逆に、爽快な気分になることもある。

 

 

それらを、時間の流れとともに、実況中継していけばいい。

 

 

スポンサード リンク

■心のつぶやきを使って書いてみよう!

 

・なんて素敵なの!

 

・なんて爽快な気分!

 

・いつもこんな気分を味わったものだわ。

 

・こんなふうに、何か凄いことが起こるのではないかと感じていたのよ!

 

こうした文章は、本来は「  」をつけて、セリフとして書かれるものだが、

本文中に「  」をつけずにおくと、心のなかでつぶやいていることになる。

 

こうした話法を使うと、意識の流れが書きやすくなる。

 

もちろん、「こう思った」とか、「こう感じた」「そんなことに気づいた」

などという表現を使ってもかまわない。

 

意識が刻一刻と変化していくことを実況中継していけばいい。

実況中継するときは、当然、意識の変化だけでなく、体の動きやセリフなども必要になる。

 

村上春樹さんの『ノルウェーの森』の主人公が、

直子とセックスするシーンを引用してみよう。

 

昔のことを思い出すという形式で語られているが、

リアルな現実を実況中継しているのがわかる。

 

心理だけでなく、動作や感覚なども描写している。

時間の流れとともに、そうしたことを11つ丁寧に描写していくのだ。

 

 

 

 

■『ノルウェーの森』のセックスシーン

その夜、僕は直子と寝た。

そうすることが正しかったのかどうか、僕にはわからない。

二十年近く経った今でも、やはり、それはわからない。

たぶん永遠にわからないだろうと思う。

 

でもそのときはそうする以外にどうしようもなかったのだ。

彼女は気をたかぶらせていたし、混乱していたし、僕にそれを鎮めてもらいたがっていた。

僕は部屋の電気を消し、ゆっくりとやさしく彼女の服を脱がせ、自分の服も脱いだ。

 

そして抱きあった。

暖かい雨の夜で、我々は裸のままでも寒さを感じなかった。

僕と直子は暗闇のなかで無言のままお互いの体をさぐりあった。

 

僕は彼女にくちづけし、乳房をやわらかく手で包んだ。

直子は僕のペニスを握った。

彼女のヴァギナはあたたかく濡れて僕を求めていた。

 

それでも僕が中に入ると彼女はひどく痛がった。

はじめてなのかと訊くと、直子は肯いた。

それで僕はちょっとわけがわからなくなってしまった。

僕はずっとキズキと直子が寝ていたと思っていたからだ。

 

僕はペニスをいちばん奥まで入れて、そのまま動かさずにじっとして、

彼女を長いあいだ抱きしめていた。

 

そして彼女が落ちつきを見せるとゆっくりと動かし、

長い時間をかけて射精した。

 

最後には直子は僕の体をしっかりと抱きしめて声をあげた。

 

僕がそれまでに聞いたオルガスムの声の中でいちばん哀し気な声だった。

 

 

スポンサード リンク

■まとめ

 

『ノルウェーの森』のセックスシーンは、まさに実況中継である。

過去の記憶や感触、感情、そして動作、思考などが、

次々と時間の流れとともに描写してあるのがわかる。

 

しかも、普通のセックスとは少し違うところがあり、

主人公の直子に対する愛情ややさしさがにじみでている。

 

さらに、読者にせつない思いを想起させてくれる。

 

私の文章スクールでは、この実況中継をしっかりと練習するように指導している。

実況中継ができるようになったら、枚数はいくらでも書けるようになる。

まずは、量が書けるようになることが上達の第一歩だ。

 

原稿用紙100枚を書き終えたとき、言い知れぬ充実感と自信が湧き出てくる。

それは生まれてはじめての経験かもしれない。

「量が質を凌駕する」という言葉もある。

 

まずは、量に挑戦することだ!