· 

栄養で人生は変わる

『栄養で人生は変わる 』

那須 由紀子 (著)

旭屋出版

 

管理栄養士の著者が、

病院の臨床現場で7000人以上の食事を見てきて得た

 

「人格と食事」の関係に関する知見を

すべて公開した書。

 

 

「実は、食事が、その人の人格形成に大きな影響を与えているんですよ」

 

と言われると、

 

誰もが

 

え? 

 

と思うだろう。

 

 

食事と人格に、どんな関係があるというのだろう?

 

たしかに、それを科学的に証明することは、

かなりの困難を要する。

 

しかし、

入院患者7000人の毎日の食事を見てきた管理栄養士の持つデータを、

統計学的に分析したら、

 

その相関関係が浮き上がってくるはずだ。

 

 

たとえば、怒りっぽくて、傲慢な人は、どんな食事をしているのか?

 

気が弱くて引っ込み思案な人は、どんな食事をしているのか?

 

 

「食事を変えれば人生が変わる」

 

と著者は言う。

 

 

実は、誰もがウスウス気づいていたはずだ。

 

食事が、その人の感情を大きく左右するということを!

 

本書を読めば、そのことが十分理解できるだろう。

 

しかも、

どのような食事をすれば、幸せな人生を送ることができるのか?

 

その栄養学的なノウハウを知ることができる。

 

 

家族の栄養をまかされている主婦だけでなく、

 

自炊している独身者や、

 

ご主人も、ぜひ、読んでおきたい本だ。

 

もしも、食事を変えるだけで人生が変わるのなら、

こんな簡単で便利なことはない。

 

実践してみる価値はあるだろう。

 

 

 

スポンサード リンク

 

 

目次 

 

 

第1章 衝撃の事実!

    偏食で、人生の結果が変わる!

 

第2章 「偏食してもいいじゃないか」は超キケン。

    偏食がいけないワケ

 

第3章 幸せな人生を送るための食事

    8つのポイント

 

第4章 今からでも間に合う!

    攻めの栄養、サプリメントの勧め

 

第5章 これで完璧!

    偏食を防ぐ上手な食べかた