· 

小説の書き方に関する村上春樹の答え

 

『「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 』

 

 

という長いタイトルのムック本がありました。

 

そのなかで、

おもしろいものだけピックアップしてみました。

 

 

「自分自身の文章」を書くにはどうしたら良いか?(質問82より)

 

村上春樹:自分自身の文章を身につけるというのは、とてもむずかしいことです。

しっかりと生きて、たくさん本を読んで、文章を書く訓練をせっせと続けて・・・

それでも、なおかつ足りないという場合が数多くあります。

 

しかし、変に聞こえるかもしれませんが、自分自身の文章を身につけなくても、小説は書けます。

そのほうがむしろ簡単です。

 

 

でも自分自身の文章を身につけるのはほんとうにむずかしいです。

僕も模索につぐ模索を続け、今でも模索しています。

 

ほんとに。

 

僕の考える良い文章とは

「ほかの誰とも違うけれど、誰にでもわかる」文章です。

 

言うは易く、ですが。

 

 

がんばってください。

 

 

スポンサード リンク

ムダのない文章を書くコツはなんですか?(質問118より)

村上春樹:コピーライターの命は文章よりは

むしろ「ものの見方」だと僕は思います。

 

ものの見方がしっかりすれば、文章は自然についてきます。

 

文章のことは一度忘れちゃったほうがいいのではないでしょうか。

 

 

一人の人間の文体というのは、生き方そのものです。

 

あなたが迷っていれば、文体も迷います。

 

まず自分自身を正確に把握することが必要です。

 

 

 

スポンサード リンク

「海辺のカフカ」への自評をお願いします。(韓国からの質問19より)

村上春樹:僕はひとつの小説を書いているあいだは、

そのことだけを集中して考えながら、生きています。

 

僕はカフカくんの目で世界を見て、

 

カフカくんの心でそれを受け止めます。

 

つまりその物語の中にすっぽりと入って、生きているわけです。

 

 

だから「海辺のカフカ」という作品は、

すでに僕の一部になってしまっています。

 

客観的にはなかなか評価できません。

 

 

 

 

小説執筆の秘訣・努力の仕方は?(韓国からの質問29より)

 

村上春樹:そんなに容易くできることではないですね。

むずかしいことだと思います。

 

僕がそのために具体的にやっているのは、

まず生活規則を正しくすることと、健康であることです。

 

そこからすべてが始まります。

 

小説を書くというのは、ほとんど肉体労働なのです。

 

肉体をうまく動かしていくと、

だんだん魂もうまく動くようになっていきます。

 

 

最初から魂をうまく動かそうと思っても、

簡単にはいきません。

 

すごく平凡な回答で申し訳ないのですが。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    しろちゃぷ (金曜日, 23 3月 2018 15:09)

    文章を書くことは筋トレに等しいといった人がいましたが、小説は筋トレ以前に健やかな身体を作ることが大切なんですね。響くお話ありがとうございます。