· 

葛藤プロット1

(1)葛藤のプロット1

 

本当なら○○○○したい。しかし、それはできない。

なぜならば○○○○だからだ。

時間は刻々とすぎていく。私はどうすればいいんだ。

○○○○○○○○○○○○。(主人公の心情を描写)

周囲が騒ぎはじめた。○○○○○○○○○○○○。(周囲の様子)

私は決めた。○○○○○○○○○○○○。(最終的にどうなったか)

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

上記のテンプレートの○○○○のなかに、

適切な言葉を入れるだけで、

 

ショート小説ができあがります。

 

それをふくらませれば、

短編小説になりますし、

 

その他のエピソードをおりまぜれば、

長編小説になります。

 

小説には葛藤が必要です。

 

葛藤にはいろいろな形がありますが、

一番、シンプルな葛藤は、

 

「○○○○したいけど、できない」

 

というものです。

 

願望が先にあって、

その願望が叶わないときに、

葛藤が生まれます。

 

下記に文章例を書いておきましたので、

参考にしてみてください。

 

 

【文章例】

 

本当なら、こんな会社辞めてしまいたい。

しかし、それはできない。

 

なぜならば、時代は買い手市場で転職組はほとんど地獄を見ているからだ。

 

時間は刻々とすぎていく。私はどうすればいいんだ。

 

このまま、こんなブラック企業で飼い殺しにされるのだけは嫌だ。

周囲が騒ぎはじめた。

 

同僚や後輩たちが集団で辞表を出すと言いだした。

 

私は決めた。

 

辞表を出す連中と起業するのだ。起業した会社は順調に成長していった。

 

しかし、5年後。

 

その会社の社員たちが「ブラック企業だ」とネットで書きこむようになった。

 

 

 

 

スポンサード リンク

 

プロットを理解するには、

事例をたくさん読むことです。

 

下記に、このプロットを使ったショート小説をならべてみましたので、

じっくりと読んでみてください。

 

 

『ファイヤーマン』

 

 本当ならば少女を助けてあげたい。しかし、それはできない。

なぜならば燃え盛る炎がガソリンに引火して、いつ爆発するか分からない危険な状態だからだ。

 

実は液化天然ガスを積んだ貨物車が脱線して、線路横の道を走っていた車がその下敷きになったのだ。

グシャグシャに潰れた車が火を吹いている。

その上にいつ爆発するかもしれないタンクがどんと横たわっている。

 

私が助けに行ったとしても、あの炎だ。それにもし爆発したならば確実に死ぬ。

助けに行くのは自殺行為に等しい。

現場の誰もが歯を食いしばりながら放水を続ける事しかできない程の状態であった。

 

 時間は刻々と過ぎていく。私はどうすればいいんだ。

 

 逃げ遅れた少女が今あの車の中でどれほど心細い思いをしているのであろう。

どんなに怖い思いをしているだろう。私はここでただ黙って見ているだけしかできないのか。

 

私はふと自分の娘の顔が思い浮かんだ。

もしあそこに閉じ込められているのが自分の娘であったなら黙って見ている事が出来るだろうか。

 

自分の娘を助けに行かんと暴れ、仲間に抑えられているあの娘の父と母の悲痛な叫びが僕の背中を強く押した。

 

周囲が騒ぎ始めた。車のガソリンに引火してさらに火が勢いを増したのだ。

 

私は決めた。

 

少女を助けに行くのだ。私は自分の背の何倍もの高さの炎の中に飛び込んでいった。

 

気がつくと、私は担架の上にいた。

そして、私の手の中には少女の重みがずっしりとのしかかっていた。

どうやら助ける事が出来たようだ。

 

「お前、防火帽はどうした?」

ひとりの仲間が心配そうに声をかけてくる。

 

「そうだった」

私は思い出したように腕の中の少女にかぶせた防火帽をゆっくりと取った。

「よかった。この子の可愛い顔に傷がつかなくて」

 

 

 

 

『共犯者』

 

 本当ならここで殺される母を助けたい。しかし、それはできない。

なぜなら、歴史が変わってしまうからだ。

助けてしまえば歴史が変わり、僕は死刑にも匹敵する時代犯罪者となってしまう。

 

 母は僕のいた時代から10年前、この歩行者天国で起きた無差別殺傷事件で、犯人の少年2人組に殺された。

一人は逮捕されたが、その後もう一人は今も捕まっていないらしい。

 

僕はどうしても真実が知りたいと、10年後の未来からタイムマシンでこの時間軸にやってきたのだ。

 

昼の13時34分まであと数分だ。

もうすぐここであの忌まわしい事件が起こる。

 

懐かしい母の姿が僕の目の前を通り過ぎた。

母が倒れていた街路樹まで後数メートルだ。

犯人の少年は怪しい目をぎらつかせ、母の数メートル後ろを歩いている。

私はどうすればいいんだ。

 

周囲が騒ぎ始めた。

犯人が一人目の犠牲者である女子高生に切りかかり、無差別殺人が始まったのだ。

 

私は決めた。

自分の母が目の前で殺されるのを黙って見過ごせる子がどこにいるだろうか。

母が殺される前に犯人を殺すのだ。

 

母に襲いかかる少年に僕は飛びかかった。

そして包丁を持った手を必死で抑える。揉み合いの末、僕は犯人と共に勢いよく地面に倒れた。

 

グサッ! 

何かが刺さるなまめかしい音がする。

「うっ・・・」と女の人が苦しむ声が聞こえた。

なんと包丁が刺さり、血まみれになった母が悲痛な叫びをあげている。

 

僕はその時ハッとした。

犯人のもう一人はまだ捕まっていないという。

 

もしかして、と手がブルブルと震える。僕は怖くなってその場から逃げてしまった。

 

 

 

 

『老愛』

 

本当なら、カヨさんと一緒に暮らしたい。

しかし、それはできない。

なぜなら、私はもう85歳という高齢であり、

彼女と付き合っていることを話せば

息子たちは、財産目当てと勘違いするからだ。

 

時間は刻々と過ぎていく。わたしはどうすればいいんだ。

カヨさんは、決して美人ではない。

むしろ地味なお婆さんという印象をみな受けるだろう。

なぜ私が、彼女に惹かれたのか?

彼女の声や包み込むような笑顔や優しさが

初恋の人にそっくりだったのだ。

 

あと何年生きられるかわからない。

この想いを伝えぬまま死にたくはない。

 

ある夜、息子達が私を老人ホームに入れる相談をヒソヒソとしていた。

私は決めた。

加代さんに告白して、一緒に暮らそう。

 

だが、彼女は私の申し出を聞いたあと、

にっこりと笑って、こう言った。

「ありがとう。でも、やっぱり私達お友達でいましょう」

 

 

 

『5歳の決断』

 

本当ならば明日ボクは保育園に行きたい。しかし、それはできない。

なぜならば「みずぼうそう」ってやつにかかってしまったからだ。

時間は刻々とすぎていく。ボクはどうすればいいんだ。

 

明日は保育園最後の運動会。この日のためにボクはがんばってきた。

ボクは早く治すためなら薬も嫌がらず飲んだし、おとなしくもしていた。

でも赤いポツポツがまだカサブタにならないんだ。

あぁ、明日休んだら、きっと一生後悔するにちがいない。

 

周囲が騒ぎはじめた。予行練習で、ボクがいない場合の、お遊戯の動きを練習し始めた。

 

ボクは決めた。

もう立派なコドモ、年長さんなんだ。運動会はあきらめて潔く休む。

決めた後、涙がいっぱい出た。

 

一年後、小学校初めての運動会。万全の態勢で徒競走のスタートに今立っている。

 

 

 

 

 

スポンサード リンク

 

『ゴーストライター』

 

本当なら、私があの、ミリオンセラーになった小説を

書いたということを言いたい。

 

しかし、それはできない。

なぜならば、契約書に、

私が書いたという事の守秘義務がかかれていて、

家族にでも、秘密をばらしてしまったら、

印税をもらえるどころか、

一億円を超える違約金を、払わなければならないからだ。

 

そんなお金はどこにもない。

 

時間は刻々とすぎていく。私はどうすればいいんだ。

 

作家がテレビに出る、インタビューを受ける、

時代の寵児となっていくすがたを、私は苦々しい気持ちで見ていた。

 

周囲が騒ぎ始めた。

「作家が小説の内容を知らないようだ」

 

私は決めた。

放送されている、テレビ局に電話し、

洗いざらい全てを明らかにしてやる。

 

 

 

『帰郷』

 

本当なら田舎のある九州に帰って、一人で暮らす年老いた母と一緒に暮らしたい。

しかし、それはできない。

なぜならば私は小さいながらも東京で会社を経営しているし、妻や子どもは都会の暮らししか知らないからだ。

時間は刻々とすぎていく。私はどうすればいいんだ。

瞼を閉じると故郷の真っ青な海と潮風、母の優しい笑顔が浮かんだ。還暦を過ぎて故郷が恋しいと思った。

友人に「離れて暮らしていて盆と正月だけにしか会わなければ、ご高齢のお母さんと過ごせる時間はあと数日だよ。」と言われた。

私は決めた。

会社はずっと右腕として支えてくれた男に譲ることにした。

妻とは時間をかけてゆっくり話し合い、母と同居することを快諾してくれた。

息子はもう、成人している。あいつは大丈夫だ。

私は来月、母の元へ帰郷する。

 

 

 

『ツール・ド・東北』

 

本当ならツール・ド・東北に参加したい。

 

しかし、それはできない。

なぜならば晴美も渋沢もそれに参加すると言っていたからだ。

 

晴美とは大学のサイクリングサークルで知り合った。

昨年はまだ就職活動中でエントリーするのはやめた。

 

二人で「来年は一緒に参加しよう」と約束していた。

ところが、今年に入り突然別れを切り出された。そして彼女は「渋沢くんと付き合う」と。

 

渋沢はサイクリングサークルの一つ下の後輩だが、就職活動中のはずである。

 

申し込みまであと一週間だ。時間は刻々とすぎていく。僕はどうしたらいいんだ。

彼女にはもう会いたくない。サークルに行きづらくなったのはあいつらのせいなのだ。

 

周囲が騒ぎ始めた。サークル仲間の山戸から『エントリーしたのか』とメールが来た。同じゼミの向田は気仙沼出身らしく、「一緒にいこうな」と声をかけてきた。

 

僕は決めた。申し込みメールを送信した。

晴美よりかわいい彼女を作って、応援にきてもらうことにした。二人に笑顔で手を振ってやるんだ。

 

 

※無料のオンライン小説講座はこちら≫≫