· 

小説を書くときに謎を入れよう

小説を書くときに謎を入れることを考えましょう。

 

謎が入っていると、

読者の好奇心を刺激して、

 

どんどん先を読みたくなります。

 

謎は絶対に必要です。

 

謎のない小説は、

メインディッシュのない料理と同じです。

 

 

逆に、

 

謎さえあれば、

何気ない日常をつづったお話でも、

 

読者は引き付けられてしまいます。

 

百田尚樹さんの『永遠の0』は、

まさに、

 

謎で感動を呼んだ小説です。

 

孫がおじいちゃんの過去を訪ねて回るお話です。

 

おじいちゃんは特攻隊員でした。

ゼロ戦に乗ってるんですが、

卑怯な乗り方をするわけです。

 

おじいちゃんを知る老人たちは、

 

「あんな卑怯な奴、みたこともない」

と侮辱します。

 

なぜ、卑怯で臆病なゼロ戦乗りだったのか?

 

その謎が

あの小説を感動的なものにしています。

 

 

小説に、謎をどう入れればいいのか?

 

こちらのページに詳しく解説しています≫≫