目標プロット

 

プロットというのは構成のことです。

 

どういう順番で、

何を書いていくのかを、

 

あらかじめ考えておきましょう

 

ということです。

 

 

プロットは無数にあります。

 

100の小説があれば、100のプロットがあります。

 

しかし、

読者を感動させるプロットは、

どれも似通っています。

 

 

つまり、

 

読む人を感動させるプロットが存在するということなんです。

 

 

その1つを紹介しましょう。

 

目標プロットです。

 

 

これは、

ごく簡単なものです。

 

スポンサード リンク

 

1)主人公は、

なんらかの目標を持ちます。

 

 

2)そして、その目標を達成するために努力し、

頑張ります。

 

 

3)でも、次々と障害がやってきます。

 

 

4)その障害を1つ1つクリアします。

 

 

5)少し成長します。

 

障害をクリアするなかで、

いろんな出会いを経験し、

 

いろんな学びを得て主人公は成長するわけです。

 

 

この目標プロットは最強です。

 

 

マンガの『ワンピース』が、

まさに、このプロットでできています。

 

 

スポンサード リンク

 

 

ポイントは、

目標を掲げて、そこに突き進むことです。

 

しかし、

その目標を簡単に達成してしまったら感動はありません。

 

いろんな障害を乗り越えて達成するのです。

 

 

どんな障害があっても、

決して、決して、あきらめないという主人公の姿が感動を呼ぶのです。

 

それは、

脇役でもかまいません。

 

脇役の人物が決してあきらめない性格で、

倒れても、倒れても、立ち向かっていくというシーンを書けば、

 

読者は感動します!

 

・主人公を決めて、

・その主人公の目指す目標を決めます。

・そして、障害を3つか4つ考えておきます。

・障害をクリアするときに新たな出会いがあります。

・そして学びがある。

・そして、主人公は成長する。

 

そんなプロットです。