小説で使う謎のテクニック

小説を書くときに謎を入れることを考えましょう。

 

謎が入っていると、

読者の好奇心を刺激して、

 

どんどん先を読みたくなります。

 

 

謎のテクニックは、

小説を書くなら、ぜひとも身につけておきたいですよね。

 

村上春樹さんの小説は、

すべて、

謎によって、読者を独特の世界に引きずり込んでいきます。

 

謎が、その小説をおもしろくするのです。

 

 

それでは、

小説のなかに謎を入れる方法を3つのステップで解説しますね。

 

 

スポンサード リンク

 

■ステップ1/とにかく謎を設定する。

 

 

 

たとえば、風景描写に謎を入れることもできます。

 

//////////////////////////////////////////////

 

ここは、何のお店でしょうか?

看板が出てますよ。

 

「あ、ん、〇、〇、屋」

 

古い看板なので、

3つ目と4つ目の文字がはがれています。

 

///////////////////////////////////////////////

 

こんな謎でもいいですよね。

 

 

答えは

「あんパン屋」さんでした~~

 

 

奇妙な行動をする人物や、

奇妙な服装をしている人物なども、

 

読者の好奇心をかきたてますよね。

 

 

出生の秘密とか、

過去の出来事を謎にすることもできます。

 

 

「私は、お父さんの子どもじゃないのか?」

 

とか、

 

 

「私の任務は国家機密です」

とかね。

 

 

あと、絶対に開けてはいけないドアがあって、

その部屋にはいったい何があるのか?

 

という謎もありですよね。

 

 

そもそも、推理小説は謎で出来上がっています。

 

 

犯人は誰なのか?

犯行の動機は何なのか?

どうやって殺したのか?

アリバイはどうやって崩せるのか?

 

そんな謎が、次々と出てくるから推理小説はおもしろいわけです。

 

 

ここで、おもしろい謎が設定できたら、

小説としては、

 

半分以上、完成したようなものです。

 

 

 

 

■ステップ2/周囲の人たちの反応を書く。

 

 

 

謎を設定したら、

周囲の人たちの反応をどんどん書いていきます。

 

 

そして、1人以上の登場人物が、

 

その謎の答えを知っていて、

その反応を書くことで

小説がさらにおもしろくなります。

 

 

たとえば、

 

「あの部屋には近づいてはいけません。

絶対にです」

 

と言った本人が、

 

夜な夜な部屋に入っていき、

軽い疲労と満足した表情で出てくる。

 

手首にはロープで縛られたような跡が残っている。

 

こんな感じで書いてあったら、

読者は、その部屋に何があるのか、

 

興味津々になりますよね。

 

 

 

■ステップ3/謎の答えを推測する。

 

 

謎を設定するだけでは、

読者は、ちっともワクワクしません。

 

 

主人公か脇役が、

答えを推測するのが必要なんです。

 

推測するわけですから、

ここで正解を書いてはいけません。

 

 

「ホームズ探偵の助手ワトソン君」が必要だってことです。

 

ワトソン君は秀才なんですが、

とんちんかんな推理ばかりします。

 

 

そのワトソン君の推理に乗って、

読者もいろいろと考えるのです。

 

推理通り試してみるけど、

失敗に終わり、

 

それが答えではないことが明らかになります。

 

そうやって、物語を展開させるわけです。

 

 

スポンサード リンク

 

 

 

 

■最後は、

 

謎は、1個だけじゃありません。

 

長編小説なら、

次々と謎を設定していく必要があります。

 

 

最後は、それらを明かして、

答え合わせをします。

 

そのとき、

 

全部の謎に答える必要はありません。

 

1つか2つは、

謎のまま終わってもかまわないのです。