最後のコテメン

 

  私は高校入学後、すぐに剣道部に入部した。

 

理由は、テレビドラマで悪人をバッタバッタとなぎ倒す正義のヒーローみたいになりたかったからだ。

 

そんなノリで入部したまでは良かったのだが・・・。

 

放課後は夜6時まで練習、学校が休みの日も朝から部活。

夏休み、冬休み、春休みも朝から稽古。

まさに「剣道漬け」の日々になった。

 

おまけに先輩たちが鬼みたいに怖い。

 

最初の6ヶ月は道場の裏で素振りばかりやらされた。

毎日2時間、「イッチ、ニッ、サン、シ」と号令をかけながら竹刀を振り続けると、だんだん腕や足が痛くなる。

 

しかし、素振りのペースが少しでも落ちると監視役の先輩から

 

「もっと、ちゃんとやれ!」と、ゲキが飛ぶ。

何度も「やめたい」と思った。  

 

やがて時はたち、2年生になった。

 

私はいつもの様に準備運動のつもりで軽く素振りをしていた。

すると、後ろから声がかかった。

 

「おまえは『コテメン』がいいぞ。もっと『コテメン』の技を磨け」

声の主は、就任したばかりの丸山コーチだった。

 

「おまえの『コテメン』は、他の部員より型がきれいだし、振りのスピードが速く見える」

 

しかし、私はその言葉に「はあ?」という感じでほとんど耳を傾けていなかった。

 

にもかかわらず、彼はおかまいなしに毎日、私を捕まえては言うのだった。

「何で、今の試合稽古で『コテメン』を出さないんだ。いいチャンスだったのに」

 

あまりにもしつこいので、最後にはあきれはててしまった。

 

と同時に、私はこう考えるようにもなっていた。

 

「もしかしたら本当にいいのかも」

私はとにかく強くなりたかった。

 

「剣道初段」の肩書きは欲しいし、団体戦のレギュラーの座を獲得したい。

 

ここはコーチの言葉を信じてみることにした。

 

「よおーし、こうなったら『コテメン』の技を磨こう」

私はそれから、「コテメン」「コテメン」と心の中で呟きながら、一生懸命稽古に励んだ。

 

試合稽古のときも、数少ないチャンスで「コテメン」技を積極的に出していった。

 

するとその成果は徐々に現れていった。

その年の秋には初段審査に合格し、更には同じ頃、団体戦のレギュラーポジションを獲得した。  

 

 

 

スポンサード リンク

 

 

3年生になった6月上旬、「高校体育大会・県予選」がおこなわれた。

私たちの高校はこれまでは、1回戦で負けちゃうような「弱い」チームだった。

 

ところが、この日は違っていた。

 

なぜか最初から調子よく3校に勝ってしまったのだ。こんなことは剣道部創立以来初めてのことである。  

 

そして、4校目との試合になった。

 

しかし、この高校は毎年県大会で上位に名を連ねる強豪だ。

これまでのように「マグレ」で勝てる相手ではない。

 

この対戦に勝った方がベスト8に進出となる。

私の対戦相手は、かなり積極的な攻撃型タイプだった。

今大会の対戦成績は「3戦全勝」。相手もかなり好調のようだ。

 

対戦カードを見たとき、これはとても勝てそうにないと思った。

 

 

「まいったな」 そのうち、いよいよ私の出番がまわってきた。

 

気落ちしてマゴマゴしていると、

「木村、いってこい! 得意の『コテメン』を出してこい」

丸山コーチが私の背中をポンと叩いた。

 

私は、気合を入れるために大声で返答した。

 

「よしっ!」

 

試合が始まった。

 

と同時に相手は積極的に間合いを詰めてきた。

 

「メン!」

 

「ドウ!」

 

「コテ!」

 

少しでもスキができると、次から次へと技を繰り出してくる。

 

私は、技をなんとかかわすのがやっとだった。

 

「これはまずい。どうすればいいんだ?」

あまりにも早い先制攻撃にとまどっているうちに

 

「メーン!」

 

1本目は、ふいをつかれ、先制されてしまった。

 

「しまった。もう、後がない」

もう1本取られたら「負け」である。

 

剣道は3本勝負で2本取った方が勝ちなのだ。

「ふーっ」

 

私は気持ちを切り替えるため大きく深呼吸した。

 

しかし、その時直感が閃いた。

 

「この勝負は勝てる。私には『コテメン』があるじゃないか」

すると、急に心が冷静になった。

 

試合が再開された。

と同時に、相手がふっと腕を上げた。

 

 

その瞬間に、

「コテ」

2本目は、私の放った技がアッサリと決まった。

 

「よしっ。これで試合はふりだしだ。そして、この勝負は絶対に勝つ!!!」

私の決意は、ますます強固になった。

 

最後の勝負だ。

相手はこれまで以上に早い攻撃でどんどん技を仕掛けてきた。

 

「メン!」

 

「ドウ!」

 

「メン! メン!」

 

機関銃のように打ちまくっている。

 

 

スキがあろうとなかろうと、もうおかまいなしだ。

「相手は、相当あせっているな」

私の心はどんどん冷静になっていった。

 

相手の攻撃が更に勢いを増して襲い掛かってくる。

 

私はなんとかつばぜりあいに持ち込み、怒涛のごとく繰り出される相手の技を防御するのが精一杯だった。

 

ここは何とか凌いで、攻撃の機会をうかがうしかすべはない。

 

でも試合終了時間は刻々と迫っていった。 やがて激しい競り合いの末、彼女が私の身体にもたれかかってきた。

一方的な攻撃で相当疲れていたのだろうか。

 

「えいっ!」

私は力強く押し返してそれを払いのけた。

 

すると押された反応で相手は力なくフラフラとよろけていった。

 

そのスキを私は見逃さなかった。

技を決める間合いも十分だ。

 

そして、スローモーションのようにゆっくりと技を打ち込んだ。

「コテ、メン!」

審判の旗がパッと、3本いっせいに上がった。

 

「勝った!」

私は退場後、ヨロヨロとその場に座り込んだ。

面をはずすと、試合中の緊張感が一気にほどけた。

そして、なりふりかまわず大声で泣きじゃくった。

 

「勝ったー。勝ったよー!」

あとは言葉にならなかった。

つらい練習に耐えてきた2年あまりの時間は、すべてバラ色の時間に変わったことを感じた。

 

一緒に戦ったメンバー、応援してくれた同級生、先輩、後輩、皆、お互いの肩を抱き合って泣いていた。

 

「よくやった」

丸山コーチが私に寄ってきた。そして私の肩を叩きながら静かに言った。

「最後の『コテメン』よかったぞ」

 

(了)